運輸安全マネジメント

輸送の安全向上の為の基本方針(2018年4月〜2018年9月)


 輸送の安全は「運送事業者」としての使命です。日々コンプライアンスを守り、また、交通弱者を守る運転をします。

2018年4月 東清株式会社 代表取締役社長 吉村 敏博


輸送の安全に関する目標

事故件数を10件(2017年12件対前年83%)以内に抑える。
常に、速度を抑え思いやりのある運転に努める。


 事故防止指針

  1. 点呼は、姿勢を正し基本に沿って行う
  2. 運行前点検は、基本に沿って声を出し指差し確認で行う
  3. 運転および作業には、余裕を持って行う
  4. 平素から、健康管理に努める

目標達成のための計画・取組

安全教育計画

 事故防止委員会・業務研究会の定期開催及び道路交通法の勉強(法令問題テキストの活用)と
確実な点呼の実施で目標達成に努める。


今日の事故防止指針 一日実践項目

 地域住民に、信頼される(子どもと高齢者を守る)運転に努めます。 
   ※98%の車両が中津川市内で活動している。

事故防止委員会および労働安全衛生委員会

  • 毎月1回実施しております。
  • 他山の石等を参考に事故防止委員会で協議し、社員の周知・徹底を図っております。
  • また職種とは違いますが、接客サービスについても議論し、広報トラックに掲載されているKYT、法令 小テスト等も活用しながら、社員教育に努めております。

・ 実施の様子 
(毎月20日委員会開催)

業務研究会及び意見発表会(テーマ:事故防止について)

 定期的に、業務研究会及び意見発表会を開催し、安全な運行のために勉強しております。
 
 今回は2回目の意見発表会を行いました。、テーマ「ルール」についてを各課、係、部の代表者が
 発表されました。
 (2018年7月開催の様子)
  マナー・モラルと言う言葉また、ルールがあるゆえに秩序等が守られて、日々の業務も安心して
  遂行できるとの意見発表会が行われました。


過去の実績 (2012年より、夏季と冬季の年に2回開催)
2017年冬季:テーマを「事故防止のために」と予め決めて、意見発表会を行いました。
2017年夏季:点呼・車輌点検の必要性、およびデジタコ(運行記録を残す装置)操作の再確認を行いました。
2016年冬季:弊社顧問(警察OB)による道路交通法その他について、チェーン取付講習を行いました。
2016年夏季:ISO14001の弊社の規定にもある  「運行遵守規定」について説明を行いました。
2015年冬季:
冬季の運転における注意喚起のビデオ鑑賞と、チェーンの取付講習等を行いました。

表彰

 運転・労働安全衛生について、取組みおよび実績を認めていただき、次の表彰をいただきました。

▼ 優秀安全運転事業所 金賞(2018年3月)

▼ 安全衛生表彰 優良賞

優秀安全運転事業所 銀賞

安全衛生表彰 優良賞

(2014年3月 岐阜県警察本部および
自動車事故安全運転センター)
SDカードを利用して安全運転・事故防止に
取組む企業の内、成績優秀な企業に対して。
勤務時間外の私車両も含めての運転履歴が
基準になりますので、社員全員の運転モラル
を表彰していただいたと思っております。
 (2012年11月 
  陸上貨物運送事業労働災害防止協会)

  永年、重大事故や災害もなく、
  安全運転・安全作業に努めた成果に対して。